損保ジャパン日本興亜 パソコン保険 サイバー保険(不正アクセス/情報漏洩/賠償責任)・ネット炎上保険 お問い合わせご案内サイト

コンピュータ保険

サイバー攻撃の件数は年々増加しており、また、その手口も複雑化しています。サイバー攻撃の脅威が増す中、いくら自社管理を徹底してもその全てを防止することは困難です。サイバー攻撃を受けた場合、企業は被害者であると同時に取引先や顧客に対する加害者となり、損害賠償請求を受けることもあります。
サイバー保険は、サイバー攻撃によるリスクを補償し、各種サービスでバックアップ致します。是非、この機会に備えておくことをおすすめします。

サイバー攻撃の脅威

マルウェア感染

コンピュータに侵入し、住所・氏名、銀行口座、クレカ情報などの個人情報を収集、外部から操る。

Webサイト改ざん、フィッシング

コンピュータに侵入し、Webページを不正に書き換え。サイトを介してマルウェアが拡散。

不正アクセス、DDoS攻撃

OSやセキュリティホールを利用してコンピュータに侵入、攻撃、サーバーのダウン。

サイバー保険の概要

サイバーリスクの費用を包括的に補償

賠償責任、事故対応諸費用、自社の損害費用を総合的に補償します!

事故の初動から防止までトータルで補償

「初動対応→原因調査→被害抑制→事態収拾→再発防止」の費用を補償します!

事故発生のおそれに対応する費用も補償

情報漏えいやサイバーインシデントのおそれが発生した場合の調査費用も補償します!

サイバー保険 充実の補償内容

動産総合保険

  • 補償の対象(パソコン等)である動産を、保管中および付随する運送中の偶然な事故(破損・汚損等)による損害から大切な財産をお守りします。

お客様からのご質問

契約者イメージ1

導入している検知サービスにより、従業員のマイナンバーが漏えいした可能性を指摘されました。どうしたら良いでしょうか?

まずは、原因究明が必要です。事故報告をいただくことで、日本を代表するセキュリティ会社であるラック社が、スペシャリストを派遣し、早期に原因究明と損害拡大防止のお手伝いをさせていただきます。

※ マイナンバーが漏えいした場合に限らず、そのおそれがある場合でもサービスの対象となります。

契約者イメージ2
契約者イメージ1

自社の端末がマルウェア(コンピュータウィルス)に感染し、保管している顧客データが全て消失してしまいました。復元できないでしょうか?

データ復元ソフト10年連続市場シェア売上No.1の実績を持つ、 AOSリーガルテック社が、最善の対応を提供させていただきます。

契約者イメージ2
契約者イメージ1

顧客情報を保管しているサーバが不正アクセスを受け、お客さまの口座情報などの顧客情報が流出しました。記者会見など緊急時広報をどうしたら良いでしょうか?

マスメディア出身の危機管理コンサルタントなどが約200名在籍するプラップジャパン社や、半世紀以上にわたる国内外企業のコミュニケーションサポートの実績を持ったウェーバー・シャンドウィックワールドワイドが、PR会社として危機管理広報支援をいたします。また、必要に応じてお客さま向けコールセンターの設置をする場合、業界最大規模のベルシステム24社が対応可能です。

契約者イメージ2
契約者イメージ1

こうしたことが二度と起きないように社内体制を見直し、信頼回復に努めるべく、公的認証制度を取得し対外的にPRしたいのですが?

情報セキュリティ格付け会社のアイ・エス・レーティングを紹介可能です。再発防止に寄与するものに限り、格付審査費用はサイバー保険でお支払いする保険金の内枠でお支払い可能です。

契約者イメージ2

※ 上記は概要を説明したものです。詳しくは、取扱代理店までお問い合わせください。

▲ TOPへ