営業継続費用とは

営業継続費用
保険金を
お支払いする主な場合
保険金をお支払いする主な場合 お支払いする保険金

不測かつ突発的な事由に起因して、日本国内に所在する被保険者が所有、使用、または管理するすべてのネットワーク構成機器・設備の機能が、全部または一部が停止することにより、免責時間を超えて保険の対象として特定した営業の遂行が休止または阻害されることによって生じた営業継続費用に対して保険金をお支払いします。

標準営業利益に相当する額の減少を防止または軽減するために事故発生の後、てん補期間終了までに生じた必要かつ有益な費用のうち通常要する費用から免責金額を控除した金額。

※標準営業収益とは、事故発生直前12ヶ月のうち、復旧期間に応当する期間の営業収益をいいます。

保険金を
お支払いできない主な場合
  • 保険契約者または被保険者の故意・過失・法令違反
  • 使用人等の故意
  • 戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱、その他これらに類似の事変または暴動・地震、噴火またはこれらによる津波
  • 西暦1999年以降の日付または時刻を正しく認識、処理、区別、解釈または受入できないことに関連する作動不能、誤操作または不具合
  • 国外で発生した事故による損害
  • ネットワーク構成機器・設備の能力をこえる利用または他の利用者による利用の優先
  • 賃貸借契約等の契約または各種の免許の失効、解除または中断
  • 通常要するテストを実施していないソフトウエアまたはプログラムの瑕疵
  • ソフトウエアもしくはプログラムの瑕疵によってテスト期間内または正式使用後1ヶ月以内に生じた事故

各特約共通の免責事由に加えて下記を適用。

  • 国外で発生した事故による損害
  • ネットワーク構成機器・設備の能力をこえる利用または他の利用者による利用の優先
  • 賃貸借契約等の契約または各種の免許の失効、解除または中断
  • 通常要するテストを実施していないソフトウエアまたはプログラムの瑕疵
  • ソフトウエアもしくはプログラムの瑕疵によってテスト期間内または正式使用後1ヶ月以内に生じた事故 など

▲ TOPへ コンピュータ保険 IT&S TOPへ ≫