賠償責任とは

賠償責任
保険金を
お支払いする主な場合
保険金をお支払いする主な場合 お支払いする保険金

保険の対象として特定した業務を遂行するために日本国内において行うネットワークの所有、使用もしくは管理または情報の提供にあたり、次に掲げる事由に起因して、日本国内において提起された損害賠償請求について、法律上の賠償責任を負担することによって被る損害の額から、自己負担額を控除した残額を、保険金としてお支払いします。
ただし、1事故あたりの保険金額および保険期間中通算の保険金額を限度とします。

  • 被保険者が所有、使用もしくは管理するネットワークの停止、または提供する情報の瑕疵に起因する、第三者の業務遂行の休止または阻害により生じた経済的損失
  • 不正アクセスまたは被保険者が提供する情報の瑕疵により生じた電子データの漏洩に起因する、第三者のプライバシーの侵害、名誉もしくは信用のき損または経済的損失
  • 不正アクセスまたは被保険者が提供する情報の瑕疵に起因する、第三者の情報の消去またはき損または阻害により生じた経済的損失
  • 被保険者が提供する情報に起因する、第三者の人格権または著作権の侵害

この特約を付帯した初年度契約の保険始期日以前に発生した事故に起因する損害賠償請求はお支払いの対象外となります。

  • 被害者に支払うべき損害賠償金
  • 損保ジャパン日本興亜の承認を得て支出した訴訟費用、弁護士報酬または仲裁、和解もしくは調停に関する費用
  • 被保険者が損保ジャパン日本興亜の要求に従い、損保ジャパン日本興亜による損害賠償請求の解決に協力するために支出した費用
保険金を
お支払いできない主な場合
  • 保険契約者または被保険者の故意・重大な過失・法令違反
  • 使用人等の故意・重大な過失・法令違反
  • 戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱、その他これらに類似の事変または暴動・地震、噴火またはこれらによる津波
  • 西暦1999年以降の日付または時刻を正しく認識、処理、区別、解釈または受入できないことに関連する作動不能、誤操作または不具合
  • 保険契約締結の当時、保険契約者または被保険者が、損害賠償請求がなされるおそれがある状況を知っていた場合
  • 他人の身体の障害または財物の損壊、紛失もしくは盗取
  • 業務の結果を利用して、製造、加工、配合、組立、建築等の工程を経て製作された製品、半製品、部品、工作物等の財物の不具合
  • 特許権、商標権等の知的財産権の侵害(ただし、著作権の侵害は補償の対象となります。)
  • 業務の結果を保証することにより加重された損害賠償請求
  • 通常要するテストを実施していないソフトウエアまたはプログラムの瑕疵
  • ソフトウエアもしくはプログラムの瑕疵によってテスト期間内または正式使用後1ヶ月以内に生じた事故
  •  
  • 遡及日(賠償責任担保特約を付帯した初年度契約の始期日)以前に発生した事故に起因する損害賠償請求による損害 など

▲ TOPへ コンピュータ保険 IT&S TOPへ ≫